kikisroom’s diary

生活を楽にしたいズボラ主婦のお役立ち情報ブログです。日曜、祝日は更新休刊日🙈

女子中学生にお勉強を進める方法を考えてみたズボラ主婦

本日は中学生女子にお勉強させるにはどうしよう問題についてズボラ主婦が考えてみました。

f:id:kikisroom:20201128230712p:plain

 本日のおすすめのHOT一息

f:id:kikisroom:20201128141627j:plain

本日はお外で書いています。

「ブレンドコーヒー」を頂いております。

場所は「ベローチェ」さんです。

フリーWi-Fiも使えてとても助かります。

長女のダンスレッスンの付き添いで時間が空くのでこちらで書かせて頂いています。

ありがとうございます。

少しの空き時間に書かせてもらえる空間はとても大切です。

年齢層も様々ですね。

ウイルス対策をしっかりして頂いて居るので快適に過ごせます。

結論から言うと勉強は自分からはしません

もう言われなくてもお分かりですよね。

よっぽどじゃないと自分から率先して勉強なんてしちゃーくれません。

母親から見た女子中学生の生態は?

中学校生活は新しい毎日に心躍る日常なようですw

とにかく毎日、楽しそうに忙しくしています。

お友達と遊び。

お友達とLINE電話。

ダンス仲間とレッスン。

家でYouTube観て爆笑。

、、。

いつ勉強するんですか?w

どうやら忙しすぎて勉強をするのを忘れている様子ですw

自分自身もそうだった学生時代

私自身も勉強が嫌いです。

中学1年生の終わり頃に何故、 勉強をしなくちゃいけないのかわからなくなった時期がありました。

私は中学校を受験して私立に入りました。

母親がお受験ままでしたので、言われるがままに塾に行き受験をし私立に。

今なら母親の気持ちもわかります。

きっと娘である私に楽をさせたかったんだと思います。

親心です。

しかし、当時の私はそんな気持ちも分からずに中学生活の中でパタっと勉強する事をやめました。

面白くないからですw

そしてつまらなかったから。

この親不孝ものめー!

あの頃の何もわかっていない私に反省です。

ですが当時から人間関係もあまり上手に出来ない私には学校生活は苦痛でした。

勉強を辞めた私はもちろん、中学3年生からは公立校に。

苦痛だった人間関係は続きましたが、公立に行った事で人生を選ぶ選択を覚えました。

そして気の合う友人にも恵まれ自分自身で選択していく事は大変だけど言い訳出来ない事で自分自身が強くもなれました。

娘にも自分自身で選択出来る強さを持ってほしい親心

なので私自身が無理に勉強を進める事はあまりwありません。(たまに促すw。)

まだ13歳の娘に厳しいようにも思います。

ですがある程度、自分で選択し自分で考えて欲しいと願う親心です。

それに頭ごなに「勉強しろー!!」と言っても、もう言う事を聞く歳でもなくなってきてますよね。

未来予想図を一緒に考えて自分がどうありたいかを想像してみる

思春期でもありますしある程度、本人が何を感じているのかを聞きながら期末テストや学年が上がる節目などに意思確認を我が家はしたりします。

 

ゴールのないマラソンはキツすぎるのである程度の目標は掲げたりしていますよ。

今の娘の「1番楽しい時間」と「これから必要だと思ってる事」など。

例えば。

「今は友達との時間はこの位は欲しい。」でも「次のテストはさすがに○○てんは必要だから平日の2日間と週末はやっとく」とか具体的に目標設定しといてみます。

そして娘が納得する1番の理由は何故テストでその位点数が必要かを具体的に2人で考えています。

 

娘の場合はなりたい職業があるようなのでそれには受験しないといけないから今は勉強が必要だ。と逆算して考えたりしています。

そうすると勉強嫌いな娘もいた仕方なく勉強していますw

 

そうすると、「じゃあそうではない子は?」って事なんですが。

まだ未来が想像できなかったらその子の1番楽しい事や好きな事を聞いてみてそれを続けるにはどうしたら良いかをを考えてみるとか。

もし友達と遊ぶ事やゲームをする事なら間違いなく学校に行った方がその時間がありますよね。

学校に行かない選択をした場合は働く事をしなければいけません。

働くとなれば遊んでる場合でなくなる事のが多いですし学歴がないぶん人の何倍も努力したりたくさんの経験をしなければいけなくなります。

間違いなく大変な選択になる事になります。

それならば未来の自分が想像出来るまでは勉強をしたり遊びながら考えて行けば選択肢も増えるし近くに先生や仲間などがいるので一緒に考えてくれる時間もできます。

 

ですがそれでも学校は自分には違うと真剣に思う子なら、私が思うに行かなくて良いんじゃないかと思う人です。

「そんな無責任な!!」っと思うと思いますが、やっぱり何でも本人次第な訳ですよね。

だからと言って高校や大学などを否定するわけじゃ決してありません。

むしろ「行ってた方がお得やん。」と先程、説明した通り思う事だらけです。

 

それに出来たらしなくて良い苦労を自らして欲しくないなと思うのが親心ってもんですよね。

勉強も出来て人生の損にはならないですしねw 

おまけ☆

駄目だと分かっていても時にはエサでつりますw

テスト〇〇点以上で「焼肉!」

オーディション合格で「お小遣いアップ!」

効き目ありますよw

しかしその場しのぎになる事が多いのは分かると思いますw

でも中学生位になれば私達大人に少しずつ近づきやはり欲が出てくる事が普通の成長だと思います。

たまには笑いながらこんなやり方があっても良いんじゃないかなと思います。

突き詰めてばかりでは疲れてしましますもんね。

 

女の子ならではのお勉強の仕方かもしれませんが現実的に話し合う事で我が家はやりたくない事にも目を向けるやり方をしています。

段々と自分の世界が出来てくるお年頃の娘とのお勉強の向き合い方でした。

 

お母さんの大変な毎日に少しでも参考にできるお話になれれば嬉しいです。

頑張る女性を応援しています。

 

今日は長女のダンス練習の見学に久々に行けました。

下の子達が産まれてからなかなか長女と2人の時間は貴重です。

長女より私が嬉しそうだった。

親ってこんなものかしらw

ききでした。

 

Twitterやってます💡

🗣http://twitter.com/kikisroom3